24時間営業をしているデリヘルは探せば意外とあるだけにムラっとしたらいつでも呼べる風俗嬢とのアツい肉弾戦を楽しんでいます。

ムラムラしたらデリヘルを呼ぼう!

200%デリヘルを楽しむ

千葉のアジアンデリヘル嬢との出会い

投稿日:2016年2月24日 更新日:

いきなりしみったれた話で強縮ですが、ボクは自他共に素寒貧野郎です。

ですから千葉で月に一、二度のデリヘル代を捻出するのがやっとです。

しかも、持たざるものの悲しさか、安いところで済ませるため九割方は後悔するという何ともやるせない千葉にてデリヘルライフを送っていたのです。

そんなしょっぱいボクの姿を見かねた上司がココで遊んでこいとの厳命を下しました。

はぁ・・・。相も変わらず金はピンチだが命令ならば仕方ない。

千葉のアジアンデリヘル嬢との出会い
ボクはその直後にデリヘルを利用するため千葉近辺のホテルへ向かいました。

店に電話し女のコが来るのを待っていましたが気持ちはあまり優れませんでした。

このせいで約二週間はカップラーメン生活に突入することを考えれば当然だともいえるでしょう。

鬱屈とした気分で待機していたところにチャイムが鳴りました。

ボクは間の抜けた足取りでドアを開けに・・・。ですが、開けた刹那に心が踊りました!

ボクは上司に感謝しました。

さすがはデリヘル遊びの鬼!さすがは我が上司!

そうか、これが言いたかったのか! クリちゃん。

ちょっといやらしい名前だと思わないわけでもないですが、目の前に立つ女のコはまるでアイドルのようでした。

誇大な表現ではなく、完璧なルックスなのです。

ボクは思わず先走ってしまい、おっぱいに手を伸ばしてしまいました。

すると恥ずかしそうにうつむく彼女。

そんなリアクションされたらこっちが恥ずかしくなっちゃいます。

会話もそこそこに二人でシャワーを浴びました。

彼女は基本ソフトタッチで、身体を洗われているだけなのにボクのチ●ポコは7分勃ち。

そのチ●ポコに気づいた彼女は少し顔を赤らめてました。

なんだかものすごく新鮮でした。

高校生のときのエッチのような、遠慮がちな恥じらいを思い出しました。

ベッドに二人で腰かけていると、心臓の鼓動が次第に大きくなっていきます。

そして気がつけばキス。

プレイに事務的な感じがしないところがすごく良かったです。

千葉のデリヘルでこんなに自然な流れを楽しむことができたのは、いつ以来のことでしょうか。

すでにボクのチ●ポコは青筋を立てて怒張していました。それを彼女が口に含んだ瞬間、イってしまいました。

デリヘル遊びは国籍をも超越して楽しむことができるのもいい社会見学と言えるかもしれません。

今までアジアン系はあまりいい噂を聞いたことがありませんでしたが今ではいい経験ができたことにかなり満足し、上司には感謝すらしている次第であります。

当たりさえすれば場外ホームランにもなる千葉のデリヘルは多国籍な女性たちがたくさんいて選ぶのも大変なほどですよ!

-200%デリヘルを楽しむ

Copyright© ムラムラしたらデリヘルを呼ぼう! , 2017 AllRights Reserved.